スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
冬トマト、ウズウズする。
超久しぶりに記事。

P_20160125_074637.jpg 
この時期になるとウズウズします。
何度かトマト栽培をやってきて、最後、楽しかったのは越冬栽培。

最初は巨木方向にトマトの潜在能力を発揮させる栽培が楽しかったけど、
設置とか(=ICHI家はカーポートの屋根下・・・車を止めている上の空間では足りなくなったの。。)
日照とか(=北側道路なの。。)
に律速するようになると(=それでも最高で2樹で12000個以上採れたのだけど)
限界を感じて、

周りが家で囲まれているなら、それを活かした栽培・・・(強風には守られる・・)
ということで方向は越冬栽培(棚の位置を高くすると日照面は結構イケる)

これが、まだ改善の余地があってトマトの能力の限界を引き出せていない感があって、
この時期になるとトマト栽培をやりたくてウズウズします。

でも、今はトマト栽培はやっていないのね。

3番目の息子が3歳になり、妻も職場復帰。
当然、家事&育児はICHIも担当するようになるのだけど、
平日の担当は、
 朝は、朝食、食べさせ
 夜は、毎日の買い出し、夕食作り、食べさせ、風呂~髪乾かし、歯磨き、寝かしつけ
を受け持つと、もうトマトどころではないのね。

どっちか言うと、会社を出ると頭の中で『カン♪』とゴングの音が鳴り、
一日で一番ホッとするのは、朝の電車、間に合う電車に乗れた時。

で、何処かでトマト栽培を辞めよう。辞めよう。と思いつつ、栽培していたのだけど、
丁度、去年の1月末、大寒波がやってきて、ICHI家では最高気温がマイナス2度。
終日氷点下。

で栽培マシンの液肥が冒頭の写真のようにカチンコチンになって(=厚さ7cmの氷が張りました)
トマトが枯れたのね。

それで、自分でトマトを枯らさなきゃいけない悲しさからは逃れられて、
ある意味、無事栽培を終了できて、ホっとしていました。

というわけで、今回は、その時の写真を公開。
P1310691.jpg 
大寒波から数日経ってから撮った写真。
液肥がこれだけ凍ったということは地上部は、もっと氷点下なわけでトマトも凍っていました。

一度、凍ったトマトが解凍されて、ドス黒くなりました(涙)
ちょっと前の記事を見て、凍る前と比較してみると、トマトが凍るとどうなるか違いが判りますね。

P1310685.jpg

トマト棚の方もこんな感じ。

まぁ、葉も青いままパラパラって手で崩れましたよ。。
青いままカチンコチンでした。

P1310680.jpg 
違う角度から。
この大寒波を耐えたら、この日のように、良い天気が来たのにねぇ。。

と、この日から水耕栽培から離れた日々を送っているのですが、

ふと、今の時期になると、冒頭書いたように、冬トマトの越冬栽培については、
まだ可能性があると思っているので、ウズウズ栽培したくなるんですよねぇ~。

この時期は、虫が付かないし、美味しいし、基本放置で栽培しやすい(=楽)
成長が遅い分は棚による栽培で栽培面積を増やせばいい。
庭はなくとも車の上の空間ぐらいは場所はあるので補える。
スーパーに行っても冬はトマトの値段も高くモチベーションも上がる♪

ということで、この辺もウズウズ感に繋がるんですよね。

というわけで、約1年ぶりに、前回の記事のトマトの最後を掲載してみました~。


スポンサーサイト
[2017/01/03 23:23] | ぜいたくトマト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。